本 山
 / 経 典



坐禅とは/坐禅の実践
ラジオ法話
ラジオ法話

センター行事
曹洞宗のHPへ

北海道管区教化センター

東北管区教化センター
北信越管区教化センター

東海管区教化センター

近畿管区教化センター

中国管区教化センター

四国管区教化センター

九州管区教化センター

曹洞宗のお葬式

 

 

 

 

 

 

 

 ■曹洞宗 本山

   曹洞宗では福井県の永平寺と神奈川県の總持寺の2ヶ寺を本山とし、それらを両大
  本山(りょうだいほんざん)と称しています。一つの宗派においてご本山が2つというのは
  珍しいと思われるかもしれませんが、曹洞宗では道元禅師と瑩山禅師を両祖としている
  ことから、それぞれがお開きになられた寺が本山となっています。 共に同格対等に位置
  づけられており、私たちの信仰のよりどころであります。


吉祥山永平寺

大本山 永平寺(えいへいじ)

吉祥山(きちじょうざん)永平寺といい、場所は福井県吉田郡永平寺町です。

   1243年に京都の興聖寺をしりぞいた道元禅師は有力な檀越であった波多野義重の領
  地であった越前志比庄へ移り、傘松峰大仏寺を建立しました。のちに吉祥山(きちじょうざん)
  永平寺と改称され現在にいたります。ちなみに「永平」は仏教がはじめて中国に伝わった暦
  号からとったもので、日本で正伝の仏法が生きつづけることを願って命名されました。

   七堂伽藍を備えた境内は、山の斜面に建てられているため、急峻な階段がつづきます。
  四方を山にかこまれるため、山内において四季折々の自然のいとなみを肌で感じることが
  できます。 山門前には五代目の住職・義雲禅師が植えられたと伝わる、樹齢700年とも
  言われる「五代杉」が植わっており、その存在感に歴史の重みを感じさせられます。

   冬は豪雪地帯特有の重たい雪が2メートルちかく積もることもあり、まさに深山幽谷の
  修行道場といえます。

   現在も200名近くの僧侶が日々修行に励んでいます。

大本山 永平寺
場所 〒910-1294 福井県吉田郡永平寺町志比10-5
電話 (総受付処)0776-63-3102
   


諸嶽山總持寺

大本山 總持寺(そうじじ)

諸嶽山(しょがくざん)總持寺といい、神奈川県横浜市鶴見区にあります。

   瑩山禅師が能登(石川県)にあった諸嶽寺(もろおかでら)を定賢律師のもとめにより譲
  りうけ、1321年に總持寺に改められたことにはじまります。 明治31年4月13日、火災
  により七堂伽藍を消失したが、1911年(明治44年)に現在の鶴見の地に移転しました。
  ちなみに、能登の總持寺は現在、能登祖院として存続しています。

   總持寺は首都圏における布教教化の拠点としてその存在意義は大きく、また広大な境
  内は都市における緑あふれる心のオアシスとしての地域に根ざした役割を果たしています。

   まさに、開かれた禅苑であり、瑩山禅師のお心が脈々と受け継がれた禅の根本道場です。

大本山 總持寺
場所 〒230-8686 神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1
電話 (総受付)TEL 045-581-6021 FAX 045-571-8221