本 山
 / 経 典



坐禅とは/坐禅の実践
ラジオ法話
ラジオ法話

センター行事
曹洞宗のHPへ

北海道管区教化センター

東北管区教化センター
北信越管区教化センター


東海管区教化センター

近畿管区教化センター

中国管区教化センター

四国管区教化センター

九州管区教化センター

曹洞宗のお葬式

  ■曹洞宗の宗旨

   宗名      曹洞宗(そうとうしゅう)

   伝統      曹洞宗はお釈迦(しゃか)さまより歴代の祖師(そし)がたによって相続
              されてきた正伝(しょうでん)の仏法(ぶっぽう)です。

   日本開宗   曹洞宗は今から八百年ほど前鎌倉時代に高祖(こうそ)道元禅師(どう
              げんぜんじ)さまが我が国に伝えて、ゆるぎなき基礎をきずかれ、四代
              目の太祖(たいそ)瑩山禅師(けいざんぜんじ)さまが一層盛んになさい
              ました。このお二方を両祖大師(りょうそだいし)と申し上げます。

   大本山    福井県の『 永平寺(えいへいじ) 』  《高祖道元禅師さま御開山》
             横浜市の『 總持寺(そうじじ) 』  《太祖瑩山禅師さま御開山》

   本尊      曹洞宗はお釈迦(しゃか)さまをご本尊として仰ぎます。

   本尊唱名   南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)

   教え      お釈迦さま(釈迦牟尼仏)は坐禅によって本当の安らぎを得られました。
              この教えと行いを正しく受け継ぎ、日本に伝えられたのが道元禅師さま
              です。さらに、瑩山禅師さまは、その深い教えを私たちにとって身近なも
              のとして下さいました。
              自らの行いによって、安らかな生活を送るのが曹洞宗の教えです。

   お経      修証義(しゅしょうぎ)・般若心経(はんにゃしんぎょう)・観音経(かんのん
              ぎょう)・寿量品(じゅりょうほん)等の諸経典を読誦(どくじゅ)します。

 ■ 【本山】へ

 ■ 【経典】へ