4月21日 センター行事更新
4月11日 告諭更新
 
2017年
 
2016年

本山/経典

坐禅とは/坐禅の実践

坐禅の作法

曹洞宗公式アプリ〜心の鏡




曹洞宗公式アプリ〜心のノート


ラジオ法話禅のこころ−曹洞宗
いつでも
『禅のこころ−曹洞宗』を含む、
過去1週間の
ラジオ放送を聴くことが出来ます。
詳しくははこちらを ご覧下さい。

http://www.joqr.co.jp/
radiko_timefree/



ZEN -Japanese Spirituality-
番組説明-Program description-


センター行事
曹洞宗のHPへ

北海道管区教化センター

東北管区教化センター
北信越管区教化センター

東海管区教化センター

近畿管区教化センター

中国管区教化センター

四国管区教化センター

九州管区教化センター

曹洞宗のお葬式

  私たちは、今、多くの課題を前にその生き方が問われています。
  東日本大震災、大津波、東京電力福島第一原子力発電所事故から六年、そして日本各地で発生している自然災害のため、依然として多くの人々が悲しみと不安の中にいます。また、地球温暖化と災害、戦争、紛争、テロ、貧困、格差、自死、いじめ等の深刻な問題が次々と起こっています。
 この現実を直視し、私たちは「人権の尊重、平和の実現、環境の保全」の取り組みを柱とし、「殺すなかれ 殺させるなかれ」のみ教えのもと、互いに慈しみあう争いのない社会、原子力に頼らない社会、そして“いのち”を生かしあう社会の実現を願っています。
 本年度も、四摂法の「同事」のおさとしに学び、「ともに願い ともに寄り添い ともに歩む」願楽を進めます。
 『修証義』に「海の水を辞せざるは同事なり、このゆえに、よく水あつまりて海となるなり」と説かれています。いかなる水も拒まない海の姿が「同事」です。一人ひとりの悲しみや苦しみを受け止めあい、支えあう同悲・同苦の生き方であり、すべての人や物との間に垣根を作らない和合の生き方です。
  無常迅速の人生にあって、一仏両祖のみ教えを相承し(うけつぎ)、み仏とご先祖の前で姿勢を調え息を調え心を調えて静かに坐りましょう。大慈大悲の坐禅はおのずから自他一如の「同事」の力となります。
  日々、他を思いやり共に生きる菩薩の誓願を実践してまいりましょう。
  
 南無釈迦牟尼仏
 南無高祖承陽大師道元禅師   
 南無太祖常済大師瑩山禅師

平成29年 4月1日 
曹洞宗管長 福山諦法 


 

曹洞宗公式サイト

『曹洞禅ネット』

http://www.sotozen-net.or.jp/syumucyo/20160406.html

 
 

 平成28年度禅をきく会開催報告

  平成29年3月8日(水)に、大宮ソニックシティ大ホールにて「禅をきく会」を開催いたしました。
  お彼岸前の春を感じる晴天のもと、約900名という多くの方にご参加いただきました。  
  最初は4年前にもご講演を頂いた、シンガーソングライターで奈良県教恩寺住職でもある、やなせななさんによる「夜が明けるよ〜やなせななトーク&コンサート〜」です。昨年発売されたニューアルバム「夜が明けるよ」の曲を中心に歌を披露してくださり、合間のお話しでは楽曲のモデルとなった様々な人との出会いをお話しくださいました。人は悲しみや苦しみを受け止めて生きてゆく、その中で「いのち」を生きてゆく事の大切さを話されました。東日本大震災の後にも様々な活動をされているやなせななさん。7回忌にあたる本年、歌声とお話しは会場の皆様のこころに感動的に届きました。
  休憩の後、姿勢を調え、呼吸を調え、自然に心も静まるいす坐禅を修行し、参加者の皆さんと共に心静かな時間を過ごしました。  
  その後、京都府龍宝寺前住職、中野東禅(なかのとうぜん)老師による禅話「人間学としてのブッダの智〜数で教える生き方〜」です。お釈迦さまの教えを、順番に資料を用いて分かりやすく、お話しくださいました。ブッダとはお釈迦さまで、ことばに表された生き方の教えが仏教である。「生きていて良かった」と思える生きかたとは、人を思いやる慈悲のことばと行いを大切にすること。様々な例話やご自身の体験を話され、テンポが良くあっと言う間のご講演でした。また、お釈迦さまの教え、道元禅師の教えを具体的に丁寧にご教示いただき、貴重な時間となりました。
 
ご参加いただいた方からも・・・ラジオを聴いてはじめて参加したが、とても良かった。歌と講演も禅話も良く勉強になった。との感想があり、本年も意義のある「禅をきく会」となりました。

 

 

やなせななさん                      中野東禅老師  



 

 
 


『大覚会(だいがくかい)』へのいざない


曹洞宗関東管区教化センターでは仏教を一人でも多くの方に
知って頂きたいと「大覚会」を開設しております。


   この『大覚会』は年間5回開催されます。内容は開講式に、参加者の方々全員でお経
  をお唱えし、椅子坐禅を行い、身体と心を調えたのち、「仏教講座」としての連続講義。
   講師は駒沢大学名誉教授の田上太秀先生です。法話では毎回違う布教師さんによる
  仏教にちなんだお話を、又、教化センター講師による法話を行っております。
   オリエンテーションでは、椅子坐禅の仕方やお経の唱え方などのご説明をさせて頂い
  ておりますので、初心者の方も安心してご参加頂けることと存じます。
   お友達お知り合いの方をお誘い合わせになり、お気軽に参加くださいますよう、お待ち
  しております。
                                                       合掌


<講義風景>


『大覚会(だいがくかい)』 平成29年度の日程
第138回大覚会    4月 7日(金)
■ 第139回大覚会    7月11日(火)
■ 第140回大覚会    9月12日(火)
■ 第141回大覚会   12月 4日(月)
■ 第142回大覚会 H30.2月 9日(金)

大覚会 会場
曹洞宗檀信徒会館(東京グランドホテル)
東京都港区芝2−5−2 TEL03-3456-2222


「大覚会」詳細はパンフレットをお送りいたしますので
メールにて「大覚会パンフレット希望」とお申し込み下さい。

 

 

  

 

→ 過去放送法話の閲覧  
→ 文化放送トップページ  

 
 

 

  「『正見』正しい智恵をもって生活しましょう」とのタイトルで、福島第一原子力発電所の
事故によ る放射線被ばくについての風評被害について、正しい知識に基づき冷静に行動し、
被災者の心を受け止めましょうという、メッセージを発信いたします。 そこで、曹洞宗では、
避難者の気持ちを受け止め、風評被害などの差別を許さないという意思を表明することを目的
としたポスターを作成いたしました。下記リンクよりダウンロードが可能となっておりますので、
ご活用ください。

 「杓底の一残水 流れを汲む千億の人」人を思いやり、共に生きる自分。
ポスターを作成いたしました。下記リンクよりダウンロードが可能となっておりますので、
ご活用ください。

 
 

  「平成23年東北地方太平洋沖地震」に対する義援金を、下記口座窓口にて受け付けて
  おります。お寄せいただきました義援金は、この災害で被災された方がたの救援、
  被災地の復興支援などとして活用させていただきます。

《曹洞宗義援金窓口》

金融機関  郵便局・ゆうちょ銀行
口座番号  00190−2−604062
口座名義  曹洞宗義援金

《お問い合わせ》 曹洞宗宗務庁 総務部 福祉課  03(3454)5421

 

  曹洞宗教化センターは、曹洞宗宗務庁教化部(曹洞宗の教化活動を統括する組織)に、
  所属し、曹洞宗の布教教化方針に基づき、管区における本部布教の推進、教化に関する
  研究及び資料の収集を目的として開設されました。
  現在、全国を 9 つの管区に分け、北海道・東北・北信越・関東・東海・近畿・中国・四国・
  九州の各管区に設置されています。曹洞宗の教化、布教の為に精進しております。   
  関東管区教化センターは下記の住所にて活動しています。


埼玉県さいたま市大宮区宮町3 - 6 東光寺内
電話(048)648 - 5751/FAX(048)648 - 6120


曹洞宗宗務庁
〒105-8544  東京都港区芝2−5−2/TEL 03-3454-5411(代)
[ 教化部 曹洞宗の教化活動を統括する組織/TEL 03-3454-5415 ]

■SOTO ZEN ロゴマーク
坐禅・・・3つの円が、身体・手・法界定印をあらわす
人権・・・一つひとつの円が、人間の尊厳をあらわす
平和・・・全体を包む円が、「和」をあらわす
環境・・・すべての円が人間と環境との調和をあらわす