本山/経典

坐禅とは / 坐禅の実践

ラジオ法話
ラジオ法話

センター行事
曹洞宗のHPへ

北海道管区教化センター

東北管区教化センター
北信越管区教化センター

東海管区教化センター

近畿管区教化センター

中国管区教化センター

四国管区教化センター

九州管区教化センター

曹洞宗のお葬式

  ■坐禅とは

   坐禅は、仏教に入る正門であります。釈尊が、ご出家後の六年の苦行を止め、≪ありと
  あらゆるものの、あるべきすがたを正しく見極める≫
という立場の坐禅によって、≪世の中
  のすべての存在は仏の姿、さとりとしてあらわれている≫
という悟りをお開きになったから
  です。
   坐禅とは、 文字の通り坐る禅ということです。禅とは梵語で「ゼンナ」という言葉に、音を
  表す「禅」という文字を当てたものです。意味の上からは、定とか静慮とか、思惟修とか訳
  されます。これは、ものごとの真実のすがた、あり方を見極めて、これに正しく対応していく
  心のはたらきを調えることをいうのです。そのためには、心を一ヵ処に集中しなければなり
  ません。物事の表面の姿、形に執らわれて、好き嫌い、善し悪しの心の動きがあってはで
  きません。このように、環境の事象にとらわれることなく、真実の在り方を見極め、対処して
  行くことを解脱ともいいます。この解脱の道を体得し、体解するのが禅の真義なのです。
   世界中の一人でも多くの人々が、釈尊のみ教えによって信仰に根ざした日常生活がおく
  れるよう、坐禅をおすすめします。

 

  ■ 【坐禅の実践】 へ